国際社会と日本

人身取引と実子誘拐問題

Human trafficking & Abduction issue in the international community

ハーグ条約「日本は取り組み不十分」として「不履行国」に米認定
http://www.news24.jp/articles/2018/05/17/10393254.html

2018 ANNUAL REPORT on International Parental Child Abduction 

ハーグ条約違反! 日本が「国際的な子の奪取」を看過する理由|米国人父からの特別コメント付き
https://courrier.jp/news/archives/97234/
子の返還拒否「違法」 ハーグ条約で最高裁初判断 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28174750V10C18A3CC1000/
 
子の返還可否、15日に判断 ハーグ条約めぐり最高裁で審問 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27701850V00C18A3CR8000/

ハーグ条約に批准していないアセアン諸国:増加する国際結婚と実子誘拐(拉致)問題

日本国に子どもを連れ去る(実子誘拐)日本国籍の父親

日本で安定した夫の収入、その安定した監護環境の継続

低所得の母親は親権や監護権を奪われます

離婚すれば日本に来ることすら困難、つまり母子優先原則の改廃

その後、十分に面会交流させてもらえない日本の単独親権制度

離婚児童の国選弁護人制度を導入せよ

ジャピノ、強制結婚、売春、隷属残業、心理的圧迫、無形力の暴行
Tier2と評価が続く日本、国際社会先進国の一員としてどう考えるのか

ハーグ条約批准国でありながら、ドイツ、イタリア、フランス、アメリカから

子供拉致帝国と非難されても拉致誘拐犯を守る日本

 

DVの回避に実子誘拐を指南する婦人相談所

誘拐しなければ裁判で勝てない母子優先原則の腐敗

司法が認める貧困ではないはずの監護者は

急増する貧困シングルペアレント問題と急増する児童の餓死の弊害

子の福祉や利益を優先しない司法の児童虐待幇助と無策

 

離婚児童の国選弁護人制度を導入せよ


一番の被害者は未来ある子どもたちである

人身取引事犯や人権侵害事犯は許さない!

  • Facebook
  • Twitter
  • you tube

© 2018 @ copylight rf2hw2 welwel

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now