​へ

面会交流を制限し、長期の別居期間を理由に破綻事由を作為し「事実上破たんしている。」と判決へ導く、依頼人擁護の行為が、子どもをその材料としていると思料されるので、その後の婚費や養育費、慰謝料請求などは、成功報酬の獲得を目論んでおり、刑法227条第1項被略取者引渡し等罪の検討も考慮すべきである。

 

被略取者引渡し等罪 227条第1項

被略取者引渡し等罪:未成年者略取・誘拐罪、営利目的の略取・誘拐罪、人身売買罪、または被略取者等所在国外移送罪を幇助する目的で、略取され、誘拐され、又は売買された者を引き渡し、収受し、輸送し、蔵匿し、又は隠避させた者

人身売買罪 第226条2項

3、営利の目的で、人を買い受けた者は、1年以上10年以下の懲役に処する。

4、人を売り渡した者も、前項と同様とする。

面会交流は非監護親と子らの権利であり、面会交流を不当に制限し、人身を拘束した上で、利益や権利を面接交渉する行為は改正されている。

未成年略取・誘拐罪は親告罪であり、半年以内に告訴要件を満たす四親等までの親族が告訴しなければなりません。

まずは、その親告罪を外して、犯人をみつけたら告発できるようにしなければなりません。

親に会わせない事をこの国の常識としています。このような当たり前が認められています。

しかし子どもを実子誘拐して面会させなければ軟禁です。「親権や慰謝料」など要求すれば人身取引です。

「無断で身勝手に別居するのは自由です。しかし子どもを強引に連れだして、連れて行かないでほしい。」

そう悲しんでいる母親がたくさんいます。

あなたを取られる事が怖いんです。あなたが懐くことは不安なんです。あなたが居なくなれば、生きがいを失います。
だから面会させない気持ちをわかってほしい。そういう父親も存在します。

しかし、これは母子優先の原則すらも改廃させています。

子どもはわかってほしいのです。大好きな母親と会いたいのです。抱きしめてほしいのです。

幼少期の成長過程における数年間に心の成長には父子原理と母子原理が必要とされています。

単独親権制度は、幼少の成長に必要な原理は1つで良としています。いいのでしょうか。

実子誘拐して、その後、子どもたちの生活が安定していれば、継続性の原則、現状維持の原則が当てられます。

乳児を連れて出た父親は、高級なミルクと監護協力者のもとですくすく赤ちゃんを育て、子供を母親に会わせません。

この国で安定した環境が継続していれば、母親は「親権・監護権」を奪われ、乳児の母乳を飲む人権すら奪います。


離婚をもくろみ慰謝料を狙い、子どもたちを会わせない「面接交渉」は日本から無くなりました。
面会交流は子どもの権利なのです。「面接交渉」が「人質交渉」つまり「人身取引」と非難され、今、面会交流の時代です。

しかし、その「面接交渉」がまだ行われているこの国の司法は、子の利益より親の利益を優先しているといえるのです。

家庭裁判所は子の福祉と利益を最優先にすべきであって、親の利益と子の利益を利益衡量するなどあってはならないのです。
 

子どもたちは、両親の紛争など関係ありません。

子どもの人権は社会にこそ守られる権利を有すると、児童福祉法が改正されたばかりです。

ここでいう「人身取引」とは、男の子や女の子の身体と人権を「利益や権利」と取引する事です。

取引の材料にされて心を痛めるのは子どもたちであることを分かってほしい。

離婚は子どもの福祉に反する事、そして子どもの意に反する引き離しは心理的虐待であることを分かってほしい。


この国の秩序は、国際社会の中で問題視されています。
子どもたちが両親から愛情を受ける権利、基本的人権、幸福追求権、それらを奪う日本社会

子どもたちを守るために、矛盾した法律は変えて行かなければなりません。

今、問われています。


あなたを待っている親がいる

​あなたは​決して捨てられてなんかいない
あなたを守りたくて抱きしめたい
親がいる
  • Facebook
  • Twitter
  • you tube

© 2018 @ copylight rf2hw2 welwel

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now