上を養い、下を養う

財団精神

財団目的

福祉に基づく研究と支援事業全般

​ごあいさつ

 アジアの発展途上国に目を向けると、経済成長の傍らに存在する貧富格差、戸籍の無い子どもだという理由で「人身取引」が横行し、どれだけ子ども達の「人権」が侵害されているか一目瞭然です。自分の生活の為に実親が「我が子」を売り「利益」を得る、明らかな「人身取引」が行われています。子どもは売られ、殺され、臓器売買の対象になるケースは「人命」「生きる権利」さえ取引の対象です。実親だからと、我が子の生きる「権利」を奪う事、その「取引」を誰が正当化できるのでしょうか。子どもは親の私物ではないのです。

 そこで思い返してみて下さい。「子どもを連れて別居します。」よくある身近な話です。その昔、夫婦が別居するという話は男尊女卑に辛抱を重ね、離婚を我慢してきた結果でした。今の別居は違います。「好きではなくなった。」「この先の生活に不安がある。」という安直な理由で計画的に子を連れて別居します。最近では、国際結婚で父親が子どもを連れ去り(ママの同意を得ない子連れ別居)子どもを母親から引き離して面接交渉します。ママから「親権、監護権」を取引する「人身取引」が増加しています。ママが「親権、監護権」を奪われ「母子優先原則」は腐敗、改廃し、子どもは愛するママに会えません。両親二人からたっぷりと愛情を受けたい、愛されたい子どもの権利は、子どもの意思に反して搾取され、取引の材料となります。他方親の承諾なく子どもの「人身」を略取し「権利と利益」を請求する立派な「人身取引事犯」ですが、日本の司法は親告罪として犯罪への認定評価を下げています。

 それはアジアで起こっている児童誘拐と売春や隷属就労など「人身取引」と全く同じ性格を持っているのです。日本は北朝鮮と同じ単独親権制度であり、世界の常識である共同親権制度から立ち遅れています。従って、被害者に拉致した子どもを返還しない事で、欧米から「子供拉致帝国日本」と批判され、子どもの写真のプラカードを手にデモを起こされています。日本が批准したハーグ条約は実子誘拐した子どもを、元の国へ返還しなければならない条約です。そのハーグ条約を日本が放棄しることが、松浪ケンタ元衆議院議員が国会答弁で追及した事はメディアで大きく報じられました。この知られざる日本の人身取引に着目し、国際的人身取引問題解決に向け研究し、子ども達の人権侵害防止に努めて参ります。どうぞ宜しくお願いします。

                            理事長  雨谷龍弘

 私はベトナムのカンホア省ニアチャン市に生活基盤を置き、地域への奉仕活動を継続して行っております。重機やダンプを提供し、実務の為の操縦を含めた教育を行う、或いは最近では垂直・水平レーザーなどの無料講習を行っております。そしてニアチャンのとある孤児院への物資支援は、継続して行っておりますが、すでに存在する施設だけではなく、これからは施設を新しく作る側の立場として財団を運営していく所存です。

 近年ベトナム国は「子どもの教育」重視へ行政の視野が広がり、特に教育現場には力を注いでおります。並行して私は「日本語教室」を作って、出来得る限りのベトナム語を生かしながら「ネイティブな日本人が日本語を教える」という活動も、支援の一環として実践しており、日本語教室新設という支援が、非常に有効なものである実感しております。

 今後増々広がるだろうベトナムの教育に注視しながら、今後は財団の一員としても孤児等の擁護施設新設で、より小さな子ども達にも相応の教育を提供していけたらと考えております。その為にも養育や支援に尽力し、より力を注いで参る所存です。皆様の御力を頂き、より拡充を目指せたらと思います。ご支援賜ります様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

                       理事(ベトナム代表代行) 中田 忠夫己

​ 阪神大震災当時、兵庫県の夙川へ出向き、小学校に避難する被災者の方々に支援を行いました。まず困ることといえば、食糧、水、そしてお風呂です。日本人のお風呂という慣習は非常に問題でしたが、ビニールシートで目隠しを作り、電気を引っ張り、給湯器で温水シャワーを作り、その問題を解決しました。その場所やその時々によって、それぞれに出来る事が違いますから、アイデアを出し合い協力し合う事で解決する必要があります。

 「世の為、人の為」そんな他人事のように使っているこの日本語も、改めて考えると非常に奥が深いのです。ニーズを単に形にするビジネスではなく、支援の必要性というニッチなニーズを形にする必要があります。例えば私はアウトドアが何より好きですが「子ども達の為」という目線の野外教育だけではなく、障害を持つ方や高齢者も普通に参加できるキャンプは一体どのようなものか、そんな目線にしてみると障害者や高齢者の福祉を照らす支援、実は日頃のニッチなニーズが、そこから見えてきます。このような例えを出すと誰もが難しく考えがちですが、さほど難しくはありません。小さな気持ちがあれば、小さな事からスタートでるのです。

 小さな気持ちを団体という微力の大きな集まりにして、個人では出来ない活動の集合体にする事で運動となれば、それらは大きな力を発揮します。財団は、個人の気持ちの集合体です。国際人として国内外の福祉を多方面から見る事で、日本人として誇れる社会貢献が出来ると信じ、繋がっていく縁を大切に、皆さんと、すばらしい共有をしていきたいと存じます。何卒、宜しくお願いします。

                          理事(国内代表代行) 池田博士

​ 家庭との縁が薄い子ども達の為に何か出来ないかと、実は10年以上前から、ずっと考えていました。でも「何かしよう」「実行に移そう」って一人では、何かを始める為の一歩が踏み出せませんでした。同じように考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。たった一人では、出来る事に限度があると思ってしまいがちです。でも、この度、縁あって財団のメンバーに加わらせて頂くことになりました。そして分かったんです。「実行に移す」って本当は「小さな勇気」だけなんですね。「何が出来るのか」より「出来る事を、まずやってみよう。気付いてみよう。」っていう「小さな勇気」だけだったんです。人身取引、ストリートチルドレン、臓器売買など眉唾でした。でも救うべき子どもたちは世界にたくさんいる事は当然周知ですから、その縁のあったベトナムで、その眉唾を自分の目で確かめたい、財団に参加を決めたのは、そこに「何か出来る事があるはず」と確信したからです。

 私は税理士事務所等で会計の仕事に10年以上永く携わっております。ですから監事という裏方で財団をサポートしながら、じっくり眉唾と真実を見極めさせて頂きます。そして施設の設立後、子ども達の為の活動として、もっともっと子ども達の自立に向けた自分なりの教育が出来れば「何か出来る事はあったのだ」という実感に変わるでしょう。そして更に、また夢が広がるのではと期待しています。こんな微力ですが、是非、頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

                                  監事 清水千郁

  • Facebook
  • Twitter
  • you tube

© 2018 @ copylight rf2hw2 welwel

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now