​へ

わたしは捨てられたんだ、そう思っている子どもたちがいます。

日本では親族相盗例という法律があり、夫が妻の財産をどれだけ盗んでも罪になりません。
また、実子誘拐が親族相盗例の性格を持つことで日本では、子どもを先に連れ去っても罪に問われにくいのです。
アメリカでは完全に違法です。FBIが捜査し、全国手配で写真も公開されます。


この矛盾した法律に対して、精神的ダメージを受けるのは子どもたちであることを分かってほしい。

子どもは親に会いたいのです。身勝手な親の別居に巻き込まれる子どもたちは、紛争に無関係なのです。

「面接交渉」せず「面会交流」するように民法が改正されました。
それは親が子どもの意に反して別居して人質交渉するのは「人身取引」と非難される行為だからです。


児童福祉法が改正されて、子どもの人権は社会が守っていくべき国益的存在にも改正されました。

子どもに対して私物化意識を持てば虐待はなくなりません。子どもに人格があり「人権」があるのです。

アジア女性との結婚が増えて父親が日本に連れ去れば、国際離婚も増える中、子どもは母親に会えないのです。
ハーグ条約に批准した国から連れ去られた子どもでさえ返還しないケースもあり、この国が子ども拉致帝国とも避難されています。


この国の秩序は、国際社会の中で問題視されています。
子どもたちが両親から愛情を受ける権利、基本的人権、幸福追求権、それらを奪う日本社会

子どもたちを守るために、矛盾した法律は変えて行かなければなりません。

今、問われています。


あなたを待っている親がいる

​あなたは​決して捨てられてなんかいない
あなたを守りたくて抱きしめたい
親がいる

共同親権への一歩!

​検討始まる!

  • Facebook
  • Twitter
  • you tube

© 2018 @ copylight rf2hw2 welwel

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now