• WELWEL

「Maiko」基金の設置

クラウドファンディングの立ち上げ ウェルウェル 2020/10/08 12:23 書家デザイナーMaikoがベトナムに孤児院を作る。



そんなひょんな話から、バックアップを決めたウェルウェルは Maikoと共にクラファンを立ち上げることに決めた。 つまり一般財団法人でMaiko基金を立ち上げることに決定した。 ウェルウェルとMaikoは何度も打合せを重ねる。 「まずベトナムで孤児院を作っても、運営はどうするのか」 この骨子を定めなければ、信用は勝ち取れない。 そこでベトナムで障害者養護学校を運営しているKhoai校長に運営を任せる事にした。



つまり骨子は至ってシンプルである。 「児童養護施設を日本人が設立して、障害者養護学校の付属施設として設置してベトナム人が施設を自立させる。」 というものだ。これにより、ベトナムでベトナム人が日本人の支援に頼ることなく,ベトナムの助け合い文化によって自立できるというシステムが構築される。




ところでMaiko はベトナムでの事業支援に関わるコンサルも行っている。 ✨ベトナムで人生大逆転 セカンドライフ成功術✨ https://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=2448  日本人が設置するメリットは以下のようなものだろう。 1、日本式教育システムの導入ができる 2、収益性のスキームなど介入できる 3、日本の障害福祉サービス事業B型支援のノウハウを輸出できる 4、支援者がベトナムの現状を知る機会が得れる 5、ベトナムに関わりたい事業主がベトナムを良く知るMaikoやウェルウェルと関係を持つ事で、言葉の通じない国でのスムーズな進行が期待できる。 6、つまりプロジェクトに関わってくれる支援者がベトナムを身近に感じてもらえる。 7、最大は支援者がワールドワイドに子どもたちの笑顔を貰える。 8、そしてワールドワイドに子どもの権利など道義的観点の視野が広がっていく。 ではMaikoとウェルウェルは共にクラファンで、どれぐらい集めることが出来るのか。 土地と建物は650万円から700万円で購入できる。しかし、男部屋と女部屋を分けるためには3階建てが欲しい。 そこで2階建てを3階建てにリフォームする場合の代金を概算すれば、おおよそ250万円で出来る。これはベトナムが地震のない国であり、レンガ作りということもあって、2階を3階にする建築基準法なる基準もないから、さほど難しくはない。 しかし合計約900万円を集めるのは,日本で有名な芸能人などの応援がないと難しいのではないだろうか。誰か、知り合いがいたら紹介してほしい。 ではリフォーム代の約250万円だったら、どうだろうか。非常に現実味のある話になる。 そこで約250万円をクラファンで募ることに決定した。 口座が必要になることから、新しい口座をつくり、収支を公開することにした。 つまり「Maiko」基金の設置である。クラファンや命名権の販売などで、 得た支援金は、ベトナム未来種まきプロジェクトにだけ使用する口座を開設した。 https://rf2hw2.wixsite.com/rf2hw2/blank-45 ------------------------------------------ フェイスブックグループでは2~3日で約一千人が集結しました。 https://www.facebook.com/groups/318650315569089



6回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • you tube

© 2018 @ copylight rf2hw2 welwel

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now